サイトマップ

HOME会社概要製品紹介技術紹介採用情報アクセスマップリンク集プライバシーポリシー

HOME » 技術紹介

| 技術紹介

匠のカタチ 
 金属を正確に削る、磨く、合わせる、はめる、つなぐ、組む、締める、そして確かめる。
 そのどれもに高度な技とスピードと確実性が要求される。
 最先端の加工技術を複合したマシンや情報戦略としてのIT・IoT機器、それらを駆使する匠たち。
 確かな技術に裏打ちされた品質がここにある。


生産の要、マシニングセンタ群
 120本以上ものツールマガジンを持つマシンを連結し、あたかも一台のマシンの様に加工するFMSラインの高生産性。
 直行3軸では加工しきれない複雑なパーツでも、生産性を落とさず高精度に加工する5軸加工機。
 世界の需要を賄う製品の本体を形造るブロック加工を支えるマシンです。


機械加工の勇、複合加工ターニングセンタ
 従来の旋盤加工では成し得なかったサイド方向や傾斜軸からの加工や対向ツールが同時に旋削・ミーリングを行う複合加工、ワークを二つのスピンドルで支えての高剛性精密加工等々。
 高い生産性と精度を同時に実現するマシン群はパーツ供給の花形。


超精密の頂、研削盤・ホーニング盤
 あらゆるパーツの最終仕上げ加工を受け持つ研削盤の数々。円筒、平面、内径の精密仕上げの出来栄えが製品の性能に大きな影響を及ぼす重要加工。
 サブミクロンの領域でしのぎを削りながらも生産ラインを崩さない技術がここにも活かされています。


精巧の司、製品組み立てライン
 精密な部品を精巧に組み上げる。そこには人の技能と技量が存在する。
 人の技をバックアップし、より確実にするITやIoTを導入した組立ラインを構築。冴え渡る巧みの技術がまた広がった。


信頼の砦、性能検査ベンチ
 機械加工された部品が組み立てられ、要求性能を満たして初めて製品に成る。
 実際に油を流し、圧をかけ基準通りの性能である事を確認する。だから信頼が生まれる。
 性能検査は私たちが積み上げた仕事の検査でもあるのです。


高品質の証、精密測定機器群
 最先端技術で加工した部品でも、丹精込めて作り上げた部品でも、それを実証できなければ単なる金属に過ぎません。
 精巧になれば成る程、生産性が高ければ高い程、測定されたデータの確かさが求められます。
 品質レベルの高さは、いかに実証できるかなのです。



ページトップへ戻る

HOME会社概要製品紹介技術紹介採用情報アクセスマップリンク集プライバシーポリシー

2017 Copyright © 松巳鉄工株式会社 All Rights Reserved.

TOP↑